2004年11月06日

大宮アルディージャ戦

まず、スタジアム入りしてびっくりした。

バックスタンドのほとんどの客席が埋まっていた。
前回の水戸戦を越える客の入り。
シーズン終盤にさしかかり、はっきりいって消化試合にもかかわらずここまで集客してくれたフロントの営業努力は素晴らしい。成功といえる。

しかも相手は目下9連勝中でJ1昇格間近の大宮。

当然モチベーションも上がる最高の舞台。

GK菅野の出場停止で代わりに今季初出場の柴崎が、DFは怪我のトゥイード、山尾の代わりに河野、早川のコンビ。
他のポジションも微妙に位置が変わり、城も怪我のためにベンチスタート、苦しい台所事情の横浜。

それでも、なかなか健闘し、DFの連携ミスを抜け目無く大宮バレーに突かれた1点のみで前半は凌ぐ。
横浜は大友、臼井の両サイドに渡るとすぐに大宮が人数をかけてつぶしにくるために中々というか全くチャンスがつくれず、シュートまで行かない1歩手前で攻撃が終了してしまう。
初出場の柴崎はキックに難はあるものの3度の決定機を弾き、よくやっていたと思う。

ハーフタイムを利用して、ゴール裏の有志たちいや勇士たちはバックスタンドに拡声器を持参してこの試合の重要性、サポーター一緒に闘うことをアピール(聞こえる位置にいなかったけれどもそういう内容だと思う)。
これが後半効を奏する。

後半に入っても流れは変わらない。「守備は健闘しているが攻撃がダメだ」、このひと言で言えば簡単な問題を今季の横浜は結局解決できなかった。

城、大久保のFW陣が投入されてやっと攻撃にエンジンがかかる。

すると、今までの三ツ沢で体験したことのないような拍手の音が主にバックスタンドから大きくピッチに送り込まれた。
「城 彰二」というコールに合わせた手拍子が。

応援は何もゴール裏にいる人間のみが行うものではない。
バックスタンドやメインに座っている人間でも参加できるものなのだ、ということを体感したことは我々新興のクラブにとって非常に大きなものキッカケになるハズだ。

競技場には当たり前だが、サッカーの試合しか無く、そして試合には勝つか負けるか引き分けしかない。
しかし、たとえ手拍子しかしなくても勝っても負けてもそれ相応の選手たちとの感情の共有ができる。
試合に能動的に関わるということは、選手と同じく勝ちと負けと引き分けとを受け止めるということである。

この能動的に関わることの是非、価値についてはまだこのクラブでは答えが出ていない。

しかし、この日大多数のホーム側の人たちが手拍子をし、作り上げた空間、あの大きな音の威圧感を覚えていて欲しい。

マシューからのパスをゴール左の角度のないところから放った城の惜しいシュート以外に見せ場は無く、試合は0−1のまま終わってしまった。これで3連敗だ。いつもなら選手の大罵倒大会になる。

今日は何も言わず大合唱で送り続ける。
もちろん、敗北はみなで受け止める。

いつもよりも選手サポともに一体感があった。
まだまだ、これからだよ、このチームは。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

対サガン鳥栖戦

今週のホームゲームはわが三ツ沢球技場の芝生の養生のために使用できず、横浜から遠く電車で1時間以上離れた、西葛西にある江戸川競技場にて開催。
駅から20分近くバスに揺られて目的の停留所にたどり着くと、まさに江戸川沿いに競技場が見えた。
コンビニすら見当たらない辺鄙な場所にて喉の渇きをいやそうと、せめて自動販売機くらいはないものかと辺りをぐるりと見渡す。
あれは多分そうだろうと思われる赤い箱をやっと見つけ、それをめざして数十メートル歩く、歩く。
小銭を入れてやっとのことでコーヒーが落ちてくる音を聞いた。

取り出し口の中へとそれに手を伸ばすと、何か普通よりデカイ。何か余計なものがついてる。アレ?当たり?

そうジョージアの万歩計が当たってしまったのだ。

サトエリのヴァージョンで本当は加藤あいのがよかったんだが、、、、、、

万歩計はどうでもいいが、ジュースの「もう一本当たり!」のようなやつでも当たったことはほとんどないからそのちょっとした幸福をしばし、かみしめる、、、、、、、、、、、。

しばらくたって、小銭のジッパーが壊れて財布がお釈迦になってしまったことに気づいた。



どうやら幸福とはプラスマイナスゼロになるらしい。


さてさて、試合の方はお互い眠ってた前半は省略。おいおいまた引き分けかい!

しかし、後半珍しく中から崩した内田が放ったシュートが決まり1点、臼井が右サイドでインターセプトしてそのまま持ち込んであっさり2点目。

あと残り20分近く残して2−0っちゅうあれあれ珍しく余裕な展開に。

さんざん引き分け地獄を味わってきたサポーターも今日は大丈夫だろって雰囲気になるわなそりゃ。そうさここで、一瞬そういう雰囲気になってたらさ、自陣でバックパスを敵に詰められたGK菅野が相手を手で倒しちゃってPK。
易々1点献上。
なんか次によく分からん相手のコーナーキックがそのまま菅野の体ごとゴールーインしちゃってあっというまに2−2の同点。

でもう残りは10分くらいしかないわけ。

ちょっと前まであれだけ喜んでおいてまた一気に暗〜い沈痛な空気が客席に流れる。

また、引き分けかよ。で大久保かよ。(最後に久保田と交代で登場)

今シーズンまったく点を決めてない、伸び悩んでいる男の登場である。

しかし、今日のチームは今までの引き分け狙い、もとい引き分け止まりの動きとは違って、最後まで攻めるモード全開だった。
そろそろ来期の去就が囁かれるシーズンである。
彼らの足元に火をつけたのかもしれない。
特に、あいつともう一人最近結果の出せてない男大友の動きはいつもと違っていた。

DFからのフィードを前線に張っていたトゥイードがポストで右にはたく。

猛然とそのボールに走り込んで追いついた大友が中にホントに絶妙のクロスを上げる。

そのボールが真ん中でDF2人を振り切った大久保にドンピシャリ、、、、、、、、、、、、




後半89分、サポーターのいる席の前に両手を突き上げて大久保がやってきた。何度もサポーターを煽る。煽る。

ロスタイムを経て試合終了。

3−2。

この試合はテレビなどで客観的に見れば両者共にミスの多い、くだらない試合の一つだったかもしれない。

しかし、試合に足を運んで見た者にとっては選手とサポーターの思いのシンクロしためったに見られない魔法の瞬間だったに違いない。

これぞ、フットボールの魅力の原点というか。

こういう試合が日本全国いたるところ見れるようになればいいな。

事実、今シーズンで最も盛り上がった試合のうちの一つで、その主役が大久保だったこともまた感慨深い。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

対コンサドーレ札幌戦

逃げ切るんだか攻め続けるんだかハッキリしないあいまいで弛緩した試合の終了間際、札幌の田端選手の放ったミドルシュートが菅野の手を弾いてゴールネットを揺らす。

勝利が、勝ち点3が逃げていく。

1−1。屈辱的な負けに等しい引き分け。

前半は連戦の疲れを感じさせないず、パスがよく回るやっと「臼井だけ」のチームからの脱皮を予感させる内容だったのに、後半はがらっと変わってしまった。

あの前半の内容が90分続くチームになるのはいつなのか?ホントにいつなんだよう!

試合後はなんとなくもったけれども後からこの屈辱というか悲しみはクルね。



去年あまりにもっていう成績から選手バスが囲まれた夢の島競技場。


もう一度選手、サポーター、フロントがリスクを背負いもう一歩近づかないとマズい時期に来てる気がする。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

アウェイ福岡戦に向けて一言





小野信義 ヤレ!

ヤッチマイナ〜!





みんなおまいの事スキだぜ!愛してるぜ!

またPKになったら次は頼むぜ!
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

対モンテディオ山形戦

思い起こすにいい試合だったなという試合。
何故スコアレスドローだったのか???

不振の攻撃陣が何度も決定機を作る、がシュートは全て「惜しくも」枠の外かキーパーに弾かれるか。

とても現在8位で相手が昇格争い中の順位にいるチームとの試合とは思えなかった。

強いチームになった。
強いチームになった。
強いチームになった。

去年までを思い返して頭の中ではそう思っていたが、、、現実は今年イヤというほど見せられたドロー試合のまま。

唯一、これは絶対だという得点機会が終盤訪れる。
相手DFが城をペナルティエリア内で倒して負傷させたために得たPK。

普段のキッカーのマシューは出場停止。次なる蹴り手の城は負傷で蹴れない。

すると、PKポイントに立つ一人の選手が。

18番小野信義。

そこでこの試合最大の見せ場で、客席にざわめきが、、、、。

去年PKを止められたことの悪い記憶が皆の心の中にあるためだろう。

とにかく「あぁこいつで大丈夫なのか?」という不信感に満ちた空間が形成される中、案の定蹴ったボールはキーパーに阻まれた。

その後は信義は精細を欠き、試合の流れから消えていく、、、、



サポーターはどんな状況でも選手をサポートしなくてはならない。
あのざわめきはサポーターがサポーターであることを放棄してただの一ファンになってしまった瞬間だった。

なので、今年一番に違和感のある出来事だったので心に留めておきたい。

まだまだ、未熟なんだよ我々は。

あそこで、ざわめきをかき消そうとあくまでも信義をサポートする声を送った人々とざわめいた人々との間には深〜い隔たりがある。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

対川崎フロンターレ戦

月曜日に書いているが、土曜日の試合の話。

日が経って冷静に振り返るが、試合後三ツ沢の丘を下る道途中オレは悔しくて泣いていた。
涙はそんなに流れていないが、大の男が顔をくしゃくしゃにして道端を歩くとは女に振られたとかの類にしか見えなかっただろう。
たかが、サッカーの試合を見て泣いてしまう。
数年後、何を馬鹿なことやってたんだと思う、かもしれないがとりあえず今のところオレにとってのサッカーの関わり方はそういうもの。
横浜FCは体のすでに体の一部。
泣くなんて、横浜FCの試合を見て初めての出来事である。
それくらい、持てる力を必死に振り絞り使い果たし、食らいつき、それでもほんの一瞬のスキを突かれて、引き剥がされた。

前半からいつものチンタラした球回しは消えうせ、果敢に攻撃し、相手のボールになったらいつもよりしつこく体を寄せ、攻撃を遅らせる。
1点取られるもすぐに2点取り返すという彼らの動きに当然スタンドも以前よりも数倍の声援を送る。
追いつかれはしたが、ハーフタイムにいつもは余計なことは一切言わないスタジアムアナに「今日は絶対勝ちますからね!みなさん応援して下さい!」と言わせるほどの熱いパフォーマンスを選手たちは見せてくれた。
しかし、それも後半15分までだった。
昇格争いで過去勝ち点1の差に何年も泣いてきた相手の方が悔しいけれど、勝負への執念が上回っていた。
結局その力に負けて終わってみれば大差がついてしまった。
今季もしかしたらベストに近いパフォーマンスを見せたが結果は、、、出なかった。

試合終了後、歓喜に沸きあがる川崎のサポーターの応援をずっと見ていた。
ホームで敵のサポーターたちがこれみよがしに盛り上がる。

この屈辱にじっと耐えて直視しなければオレタチはこれより上にはいけない。

涙を歓喜に変えることはできない。







夏ももう終わりなんだろう。

蝉が最後の飛ぶ力を失い、スタンドの席と席との間に落ちていくのが見えた。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月08日

対水戸ホーリーホック戦

久々の更新であります。

さずがに夏バテというか疲労も限界にきてたので英語学習もろくにせず、だらだらと過ごす。

その間、レアルが来日しジダンがマルセイユ回転、4年ぶりに神川口降臨でアジアカップ優勝、サッカーずくしでもう来週はオリンピックである。

山本ジャパンは果たして予選突破できるのでしょうか?、、、、となるが自分の一番の関心のは我が愛しの横浜FCの試合である。

J2は7月も8月もほとんど休みなく試合があるのだ。8月中に6試合。

しかし、最近のチーム、やる気があるんだか無いんだか煮え切らない試合が続いてなんだかなぁ。

8月8日敵地笠松で行われた試合も1対1の引き分け。

今攻撃で唯一光る臼井のミドルシュートでの1点のみ。

ホントに昔のヴェルデイ川崎っつうか動かないでパス回しだけで中央突破を狙って、ゴール前を固められた相手のDF陣に跳ね返されるというのの繰り返し。

夜中にやってたFC東京対ローマとかマリノス対レッジーナの試合見ると違いが一目瞭然。

あの今回のアジアカップのMVPの中村俊輔の走ること走ること。
優勝した次の日の親善試合でもよくスペースに走りこんでた。
あのフィジカル駄目駄目で去年は所属クラブでろくに活躍できなかった俊輔がさ。

8月の残り試合走りこんで勝利をつかもうではないか。

まだ望みはある。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月28日

対京都パープルサンガ戦

昨日の試合。

またもや引き分けだった。横浜FC対京都パープルサンガ 1−1。

あいつらまだ諦めてないな、というのが確認できたことだけが収穫。

後半もう70分過ぎの両者とも走り回って疲れに疲れた時点での味方のコーナーキック。
キッカーは最近復調ぎみの10番内田。
普通に蹴ってくるもんだと誰もが思ってマークの確認をしてるほんの一瞬の間をついてゴールポスト前にいる真中にゴロのショートパス。
それが中央のドフリーのツゥイードに渡り易々とゴールマウスの中へ、、、。
向こうのGKが物凄く悔しがって味方を怒鳴り散らしていたのが印象的な1点。
暑く疲れて皆の足が止まる中、相手よりも集中が上回っていたという出来事。

けれども、真中〜!。
最後のアレ決めてれば勝ってただろ!
あのDFラインのギリギリを抜けて1対1を決めるという今うちに一番足りない攻撃パターンを君は最大限に期待されてやってきたんだ。
次はやってくれ。

新加入の選手、怪我から復帰の選手も戻りつつプチリニーュアルの感のある後半戦。

いよいよ総力戦の色が濃くなってきた。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月10日

対サガン鳥栖戦

スポーツ新聞各紙に載ってしまったGK菅野の88メートルゴール

やっぱり三ツ沢劇場である。

ふらっと見に来た人にはホントに面白かっただろうな。

これぞ横浜FC、ハラハラドキドキこれからもよろしく。

ちなみにこのハタチのGK、去年は試合開始1分で退場してます。
これも通常ありえない。その時は控えにGKがおらず、DFが仕方なく替わりで守って惨敗しました。

内容はほぼ何も言うこと無い完勝です。

新加入の真中が効いていて一安心。
結果は3−0なんだが、それ以外にも3回ポストを叩く惜しいシュートがあった。
やはり、狙わなくては点は取れないのだ。

あのユーロのギリシャを思わせるしつこいマンマーク&鋭いカウンターの鳥栖(今年も生き残れよな)にまんまと手こずり前半30分くらいまでは「また引き分け?」と思ったけれどFWの城、真中に集中したマークの裏をかいた内田の中盤からの上がりでパスをそのままもらってゴール!ってゆうのを見て「あぁこの展開が今までできなかったんだ。これが出来る様になれば後半戦はかなり期待できるかも。」と思いました。

4連敗の悪い流れを断ち切る快勝。
ここで、一旦中期間に入るので更に攻撃面を充実させてもらいたいもんです。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

対川崎フロンターレ戦

まぁある程度予想できたとはいえ、力負け。

横浜FC対川崎フロンターレ0−2。

もう何度目か分からない屈辱的敗戦記念日。

どうしてもこいつらだけには負けられない、何か存在の全てがむかつくというようなチームをサッカーを愛するサポーターは自分のチームを応援していくうちに発見する。

うちらの場合近くにありながらいつも、ここぞ、というときに強大な力で立ちはだかるあのチームが、、、、。

昨日の試合、、前回対戦したときほどの力の差は感じられなかった。
しかし、開幕以来の根本的な改善課題がいまだに修正されてないから何度やっても同じなのだ。

今は耐え時だ。選手も補強したし、まだまだ立て直せる。

ファールで取り消しになったが城のヘディングのゴールは完璧だった。

中盤を立て直し、城を前線の仕事に専念させて本来の点取り屋キング城の復活からチームの活路を見出したい。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。