2005年04月29日

4/28 FC東京−柏レイソル戦@味スタ

普段めったに気をかけないのだが、今朝偶然目にした「やじうまワイド」の今日の占いランキングみたいなやつで、自分の星座が1位になってて(だからボーっと見入ってしまったのだけれども)、

「遠出がラッキーを呼ぶ。ラッキーカラーはゴールド(金)」


というのが一日中気になっていて、金=太陽=太陽王=レイソルってことで黄色でもいいかwと思い普段ならば絶対に足を運ぼうと思うわけがない「FC東京−柏レイソル@味スタ」へ。

先日事件があって諸々の処分の結果

>3.サポーターの処分 (1) 場内監視モニター録画映像及び関係者の事情聴取によって暴行行為が判明した柏サポーター11名(いずれも男性)の無期限入場禁止(ホーム・アウェー)。
(2) 上記11名が所属する「RYKN」および「太陽工務店」の2グループの1年間の場内活動禁止(ホーム・アウェー)。
 
ということになり、最悪太鼓の持ち込みや声だしが禁止になり、FC東京の歌だけが流れる異常事態になるんじゃないかと思って心配していた。
それを受けて、東京も江戸っ子の心意気で今回は執拗に煽ることもなく、両者粛々と行われるんじゃないかと。
ところが、試合1時間ほど前に会場に到着して柏側のゴール裏に行くと黄色いユニのサポが200名程いて、太鼓ちゃんとあった。
ビフォーアフターのアフターしか見てないので以前がどうなのだか分からないが、それでもかなり人数が減っているようだった。
そして、そのゴール裏の区画に沿って警備員がぐるりと四角に取り囲んでる状態。

選手紹介が始めると、残されたメンバーにしてはしっかりまとまったコールとチャントが始まる。
普通に東京に対するブーイングもあり、向こうからもブーイングも普通にあった。
そして、やはりこういう時の東京サポは空気を読めていて、柏に対する煽りのコールはしなかったと思う。
試合が始めると、東京の右サイドにかつて横浜に期限付きで移籍していた迫井が不意に入っていて、やはり自分的にツイテると思ったが、試合のペースは終始東京。
攻撃的守備とはこういう事かって位、東京が走り回り柏のスペースを消していき、狭いところしかパスが出せないような状況の中、何故か柏が2点取って勝利。
柏の選手達も今回の事件は十分意識してたようで、こちら側のCK時に安永が自分のコールに反応してゴール裏を煽り返したり、2点目を決めた平山はすぐにゴール裏に得点をアピール。

やっぱし、金=黄色で合ってた。いい勝ち方。気持ちよかった。

そして、柏のゴール裏。
多分コールリーダーも変更していつもよりデリケートにやったんだと思うけど、統率も取れていたし
結局、ああいう事件が起こっても柏のコールや歌は途絶えなかった。
柏の人達がこの日、ハーフタイムも試合後も電光掲示板で気にしていたのは名古屋の試合結果。
ブーイングまでは無いが多数の人が反応してた。

暴力事件はまぁ、当然悪で重い処分が下されても仕方がないが、あえて

太陽工務店、レイ研がんばれと言いたい。

だってこれからも、どこの会場でもどこだって起こりうるし重い処分を下しました、ハイ解決って事にはならないでしょ。
現に試合後、警備員が手薄なはずの東京のゴール裏の方がブーイングの嵐で荒れていたし。

起こりそうで起こらない、起こさせないせめぎ合いをエンドレスで引き受け続けるのが、スタジアムの熱狂と歓声に惹かれた者達の所作だと今日の試合で改めて実感したのだった。続きを読む
posted by Hachimitsu at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

4月23日徳島ヴォルティス戦(三ツ沢球技場)

横浜FC 1(0-1)1 徳島ヴォルティス
得点者:シルビオ

やっぱり、シルビオはシュートが上手かった、、、、!
でも、よくよく観察するに外国人選手としてもあまりJリーグにいない、面白い動きをする選手だね。
アニマル度が実に高く、考えるより体が反応して動くタイプ。
要はダンサーとか音に敏感に反応しないといけない職業でも花開いていたであろう抜群の運動神経と敏捷性の持ち主。
トリニダードトバコなんつうアフリカでも南米でもないところから、よくぞ連れてきたよ。

しかし、試合の内容は相変わらず劇的な試合、というのをホームではまだ見せていない。
この日もしかり。
子供が多かったけれども、あのシルビオのロングシュート以外は退屈だっただろうなぁ。


前半、徳島の方がウチのDFの弱点をついた効果的な攻撃をしていて(具体的には省略w)、GKと1対1の決定的なシュートのところで何故か何度も引っ掛けてしまうが、3度目の正直で18番の奴に決められていまい、0−1。
横浜の方はきれいにボールを運ぼうとしすぎて、シュートシーンすら作れない状況。
こういった手詰まりの時は去年のうっちー、マシューの中盤ならばロングシュートや臼井を使ったワンツーなどで、シュート、そしてそれが得点に結びつくということがよくあった。
しかし、今年の信義と貞富の中盤では守備は効いていても、点が取れそうにない。
これは、二人の責任というかうっちーが悪いw
早く殻を破ってスタメンに戻ってきて欲しい。
後半になると、DFからのロングボールをトップの久保田やジェフや城がキープして、まだ相手の守備陣が戻ってきていない、なんつう「チャンス」は何度も来るが、そこから先がうまくいかず潰してしまう。
こういった内容の中、第一クールはあと3試合。
そのうち、2試合は勝って欲しいのだが、勝ち点的に。

無理ではないぞ、来週のホームでまずひとつ。
posted by Hachimitsu at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

4月9日水戸ホーリーホック戦(三ツ沢球技場)

横浜FC 0(0-0)0 水戸ホーリーホック

いやぁ、、、、、引きこもりサッカー部から点を取るのは至難の業。
あと一歩、ボール一個分ゴールから遠かった。
あともう一工夫、左右のサイドがもう一人抜けば決定機が増えたかもしれない。
でも、あそこまでゴール前に人垣が出来ちゃうとどうしようもないのかも。
噂のデルリスは河野がガンガッテ止めていた。
結構頼もしい奴になったなぁ。

特に何も書くことが浮かばない試合でした。
でも、もちっと足達タソのサッカーをじっくり見守りたい。
6月あたりにいい感じに化けてはくれないものか。

花見日和でポカポカ陽気な天気。
温かくて腹もいっぱいでまぶたが重くなる、高校時代の昼食後の5、6時間目の授業って感じ。

あの陽気に客席含めてみんなヤラレていた気がする。

そんな一日。
posted by Hachimitsu at 07:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

3月26日(土)ザスパ草津戦(三ツ沢球技場)

年に何回か天気がいい日に、白い雲が青に溶けたかのように空一面水色に染まるときがある。

広すぎてその端っこを探してついつい見上げてしまうだろう。

おまえが手に持ってるタオルマフラーと同じ色。

そして、下に視線を下ろして芝生の上を見れば、今度は空と同じブルービアンコのユニフォームを着たあいつらがいる。

この全体が水色で、ピッチの芝だけが緑色の強烈な二色のコントラスト。

それは、おまえが三ツ沢に足を運ばなかったら絶対に見れなかった奇跡の映像なんだぜ。




いつかのように
やっとスタメンに入った吉武が、相手二人に囲まれてその数十センチの隙間にボールを通して抜き去ろうとしたところを引っ掛けられて倒された。

いつかのように
やっと真ん中のポジションに入った信義から、草津のディフェンスラインをメタメタに切り裂くパスが通った。

いつかのように
やっと帰ってきた小野智吉が、若いクセに老練で取られないボールキープで、ゆーっくりと敵陣のサイドに侵入していった。

いつかのように
やっとやっとやっと三ツ沢の丘に戻ってきた重田が、ラインを割りそうなボールを全速力で追いかけて、その勢いで外側の広告板をひょいっと飛び越えた。


いつかの三ツ沢の光景を思い出しただろう。


スティーブンが開始まもなく負傷で交代するわ、
1点取った後、中々次が取れないわ、
終盤はかなり攻められてドタバタしてたけど、
相手の決定的なシュートを何本も吸い込んでいったのは何故かサイドネットのほうさ。


これもいつかの三ツ沢の光景さ。


内容はまだまだだけどとにかく勝ったことに価値がある、そんな試合。












そういえばいつか見たことあったよな。

005年3月26日(土)
横浜FC 1(1-0)0 ザスパ草津
posted by Hachimitsu at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

足達横浜ホーム開幕。モンテディオ山形戦(三ツ沢球技場)

1−1で引き分けでした。
ほっとした一戦。監督が一番ほっとしているかも知れない。
負けなくて良かった。吉武が決めてなかったら、連敗で強風でクソ寒い中、ブーイングが起きていただろう。

とりあえず、「チーム状態が悪いときに、最低限戻るべき形のモデル」のところまでは到達していたと思う。
先週の試合の例えば
・中島のSHはダメ。
・ジェフェルソンのコンディション悪!
・大友とシルビオは頭から見たい。
あたりのポイントを一週間で大修正、、、、あの、2ちゃんねるとか見てませんか?>監督。

「去年のウチのゲーム、ビデオで見直せ!」とかの要望に見事に答えた結果になってるんですが、、、!

それか、信義や城あたりから去年のチーム状況について話を聞いたのか?

守備でサイドでクロスを上げさせても真ん中のトゥイード、山尾で弾き返すとか、中盤でしっかりプレスかけるとか、去年のベースが継続された形は見れた。
(それが、先週は何故すっからかんになっていたのかはまだ良く分からない)

いずれにしても、人の話をオープンに聞き入れる人だと勝手に妄想してみる。



足達横浜絶賛育成中!


あと、箇条書きで感想。
・シルビオはシュート上手い。
 試合前のシュート練習でも枠を捉える確率は群を抜いている。
 ケガしなければかなり点を取るのではないか?楽しみ。
・山形の16番の代わりは大友くんがしっかりやってくれそうだ。
・今季は控えが各ポジションで充実している。
 ジェフを1試合で見切って外すなんてことは去年まではやりたくても他にオプションが無か った。このことは、シーズンを通して大きなプラスになるだろう。

・とにかく、今日は三ツ沢、三ツ沢、三ツ沢、三ツ沢、三ツ沢。三ツ沢。三ツ沢。三ツ沢。
 より一層、三ツ沢の丘で戦えることの誇りが強調された一日だった。
posted by Hachimitsu at 01:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

2005年開幕。湘南ベルマーレ戦(平塚競技場)

ふ〜、、、、、、やっぱり、鬼門ですた。○| ̄|_

いつになったらあそこで勝たせてもらえるのだろうか?


0−2で敗戦ですな。
相手の精度高いフリーキックとやっちゃった系のミスによる失点で、組織的に大きく崩されての失点ではないから事故に遭ったような負け方だった。
しかし、内容も良かったわけではない。

サポーターもアウェイのバックスタンドをほとんど埋める位来てたし、選手の方じゃないこっちの雰囲気は去年を引き継いでいい感じだったよ。
なんで、次のホームの開幕戦こそ良い形で始まればいいんじゃないかな。

悪い形で始まると監督も着任早々大変な目に遭う予感がする。
まぁ、来週まで持ち越しですな。

あ、それと俺様がサブにもいないというメンバー構成に違和感を持った。
ガラリとこれまでの横浜のイメージが変化していく予感が。
posted by Hachimitsu at 19:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

リティ ヨコハマ

本日において、横浜FCの今シーズンの戦いは終了しました。
サポーターの皆様お疲れ様でした。

遠く愛媛で、1点を取るためにDFも全員上げて攻め上がり、壮絶に散ったんだってね。
実にヨコハマらしい。

リティ、マシュー本当にありがとう!さようなら!

「リティヨコハマ」。

忘れない。

来年は知恵と体力を更に注いで、サッカーの現場では顕著である「ほんのちょっとだが遥かに大きい差」を少しでも埋めて、少しでも上に行きましょう。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

2004Jリーグチャンピオンシップ第一戦

ちょっと日にちが開きました。

先週の土曜日は知り合いの自分とこではなくて他チームのサポでは圧倒的に多い「赤い」とこの試合、チャンピオンシップを見に横浜国際競技場に行きました。
ゴール裏の自由席なので試合の3時間ほど前には着いて列に並びました。
最初知り合いに騙されて、何か赤ではなくて黒い集団の列の後ろに並んでま
した、、、、



危うく最もコアサポのウラワボーイズさんに混じって見るハメになるとこでした。


しかし、その集団でも楽に凄い列が作れる位、軽く千人以上はいたんじゃないかなぁ。
自由席なのにどういう手はずなのか、他の一般人とは別にそのコアサポさん達が歌い行進しながら入ってくるのはなかなかでした。
(その人たちの席がうまいこと開いていた)

一般といってもゴール裏に座る連中はほとんどずっと立ちっぱなしなわけで。
(結構歌も歌えることは内緒。横浜FCがJ1に上がったら忘れる)

試合はこんなに攻め急ぐもんなのか?ってくらい速い速い。ちと固勝ったかも知れない。
セットプレイを決められて負けちまいましたが、次はホームなので取り返して下され。
横浜のもういっこの方、6年振りに見たけれどやっぱ何か違うなって感じ。
あれに、連勝させるなよ。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

ホーム最終、湘南ベルマーレ戦

前半0−2という絶望的な展開から後半、臼井の連続得点に沸き返り、さらにハッスル・ジョーのロスタイムのヘッドで劇的なというより出来すぎな幕切れで3−2で勝利。

しかも、今までのような執念と根性で押し込んだ得点ではなくて落ち着いたパスをきっちりつないで、きちんとしたラインを保っていた湘南の強固なDFを完全に崩してのきれいな得点が重ねられていく。
気づいたら3連勝。
いつもならば最高の締めくくりとして喜びに満ちてのフィナーレとなるところだが今回はちと違っていた。
試合前にサポーター有志に通達されたマシュー・ブーツが今季限りの退団、終盤に「あれれ、なんでここで出てくるか?」という不可解な交替で出場した真中幹夫の現役引退が重なって試合後のセレモニーでは一遍した雰囲気に。

このときの嬉しさと悲しさが同居した複雑な感情はうまく説明できない。
マシュー自らマイクで「新しい契約は行わないことになった」と説明したときに静まり返る場内。

いい年をした大人たちが、まるで小学校でクラスの人気者が転校していくときのように皆一様に頭を垂れている姿がまたサッカーな雰囲気でいいなぁと思ったけれど。


試合前のマシューの背番号6番を型取ったマスゲームが美しかった。

まだ、リーグ戦も1試合、天皇杯もあるし出来るだけ長くこのメンバーを見ていたい一日だった。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

対サンフレッチェ広島戦(天皇杯4回戦)

もう何も言うことは無い。

ありがとう横浜。
ありがとうオレタチ横浜。

これで、来週1週間幸せに暮らせます。

J1のしかも去年4戦全敗(引き分けもあったかもしれないがとにかくタコ殴りされた)チームに真っ向勝負。
両サイド臼井、大友ガンガン支配。
中盤プレスかけまくり。
怪我人トゥイード中心に体を張って守るDF陣。

「なんでこの試合がシーズン通してできなかったんだ!」という声もちらほら聞こえるほどの、それはそれは緊張感とやる気のピリピリ張っためくるめく陶酔の世界が横浜のチームにはあった。

ここ数ヶ月、一瞬のミスに泣き、一瞬の不運に泣き、一瞬の躊躇に泣き、幾度も空回りし続けたチームの全ての歯車が噛み合った試合の後半あとラスト5分。

ついに山尾のヘッドが敵のゴールポストの中へ、、、、、

1−0で終了。

3勝分くらいの価値ありの1勝だった。

先週から始まった応援の一体化もなかなかで、

ホームのバックスタンド側のCKをあのテレビのオリンピックの試合で見たであろう森崎(兄か弟がどっちか知らん)が蹴るときに、バックスタンド側から今までほとんど小さくて聞こえなかったブーイングが大音量で。
子供も中に混じっているような声だった。

そうだ、子供たちが、テレビで見るスターがたとえベッカムだろうとジダンであろうと敵としてやった来たらブーイングを浴びせてやる、そんな流儀を自然と体得できる雰囲気が作れたならば、横浜は世界に誇れるクラブになるだろう。


これで、12月も試合がある。

そして、1月も試合をやるんだ。

国立で。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。