2005年04月29日

4/28 FC東京−柏レイソル戦@味スタ

普段めったに気をかけないのだが、今朝偶然目にした「やじうまワイド」の今日の占いランキングみたいなやつで、自分の星座が1位になってて(だからボーっと見入ってしまったのだけれども)、

「遠出がラッキーを呼ぶ。ラッキーカラーはゴールド(金)」


というのが一日中気になっていて、金=太陽=太陽王=レイソルってことで黄色でもいいかwと思い普段ならば絶対に足を運ぼうと思うわけがない「FC東京−柏レイソル@味スタ」へ。

先日事件があって諸々の処分の結果

>3.サポーターの処分 (1) 場内監視モニター録画映像及び関係者の事情聴取によって暴行行為が判明した柏サポーター11名(いずれも男性)の無期限入場禁止(ホーム・アウェー)。
(2) 上記11名が所属する「RYKN」および「太陽工務店」の2グループの1年間の場内活動禁止(ホーム・アウェー)。
 
ということになり、最悪太鼓の持ち込みや声だしが禁止になり、FC東京の歌だけが流れる異常事態になるんじゃないかと思って心配していた。
それを受けて、東京も江戸っ子の心意気で今回は執拗に煽ることもなく、両者粛々と行われるんじゃないかと。
ところが、試合1時間ほど前に会場に到着して柏側のゴール裏に行くと黄色いユニのサポが200名程いて、太鼓ちゃんとあった。
ビフォーアフターのアフターしか見てないので以前がどうなのだか分からないが、それでもかなり人数が減っているようだった。
そして、そのゴール裏の区画に沿って警備員がぐるりと四角に取り囲んでる状態。

選手紹介が始めると、残されたメンバーにしてはしっかりまとまったコールとチャントが始まる。
普通に東京に対するブーイングもあり、向こうからもブーイングも普通にあった。
そして、やはりこういう時の東京サポは空気を読めていて、柏に対する煽りのコールはしなかったと思う。
試合が始めると、東京の右サイドにかつて横浜に期限付きで移籍していた迫井が不意に入っていて、やはり自分的にツイテると思ったが、試合のペースは終始東京。
攻撃的守備とはこういう事かって位、東京が走り回り柏のスペースを消していき、狭いところしかパスが出せないような状況の中、何故か柏が2点取って勝利。
柏の選手達も今回の事件は十分意識してたようで、こちら側のCK時に安永が自分のコールに反応してゴール裏を煽り返したり、2点目を決めた平山はすぐにゴール裏に得点をアピール。

やっぱし、金=黄色で合ってた。いい勝ち方。気持ちよかった。

そして、柏のゴール裏。
多分コールリーダーも変更していつもよりデリケートにやったんだと思うけど、統率も取れていたし
結局、ああいう事件が起こっても柏のコールや歌は途絶えなかった。
柏の人達がこの日、ハーフタイムも試合後も電光掲示板で気にしていたのは名古屋の試合結果。
ブーイングまでは無いが多数の人が反応してた。

暴力事件はまぁ、当然悪で重い処分が下されても仕方がないが、あえて

太陽工務店、レイ研がんばれと言いたい。

だってこれからも、どこの会場でもどこだって起こりうるし重い処分を下しました、ハイ解決って事にはならないでしょ。
現に試合後、警備員が手薄なはずの東京のゴール裏の方がブーイングの嵐で荒れていたし。

起こりそうで起こらない、起こさせないせめぎ合いをエンドレスで引き受け続けるのが、スタジアムの熱狂と歓声に惹かれた者達の所作だと今日の試合で改めて実感したのだった。続きを読む
posted by Hachimitsu at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

2004Jリーグチャンピオンシップ第一戦

ちょっと日にちが開きました。

先週の土曜日は知り合いの自分とこではなくて他チームのサポでは圧倒的に多い「赤い」とこの試合、チャンピオンシップを見に横浜国際競技場に行きました。
ゴール裏の自由席なので試合の3時間ほど前には着いて列に並びました。
最初知り合いに騙されて、何か赤ではなくて黒い集団の列の後ろに並んでま
した、、、、



危うく最もコアサポのウラワボーイズさんに混じって見るハメになるとこでした。


しかし、その集団でも楽に凄い列が作れる位、軽く千人以上はいたんじゃないかなぁ。
自由席なのにどういう手はずなのか、他の一般人とは別にそのコアサポさん達が歌い行進しながら入ってくるのはなかなかでした。
(その人たちの席がうまいこと開いていた)

一般といってもゴール裏に座る連中はほとんどずっと立ちっぱなしなわけで。
(結構歌も歌えることは内緒。横浜FCがJ1に上がったら忘れる)

試合はこんなに攻め急ぐもんなのか?ってくらい速い速い。ちと固勝ったかも知れない。
セットプレイを決められて負けちまいましたが、次はホームなので取り返して下され。
横浜のもういっこの方、6年振りに見たけれどやっぱ何か違うなって感じ。
あれに、連勝させるなよ。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

「物語」>「官能」

サッカーのうまい人たちの集まる大会ももう準々決勝ですか。

深夜にやるのはいいけど、朝4時から6時までってのはやっぱキツイよ!

オランダ勝ち残り。PK決着は残酷なり。

ブラウン管を通して見るサッカーにしだいに興味を失いつつある今日この頃。
スポーツに高級や官能という言葉を駆使して海外の一流モノへと誘導したのは村上龍だったか。
そのデンでいけば日本のJリーグのしかも2部の数千人しか集まらない試合なんぞ何の価値も無い切り捨てられるべきモノなんだろう。

本日のオランダ対スウェーデンの試合もスコアレスドローながら両者の攻撃のシュートもそれを受けるGKのセーブも「スーパープレイ」の連発だった。

このプレイを見るだけで満足できるならば海外サッカーヲタでいいんだろう。

しかし、サッカーの現場でその日その時の観戦者たちとしか共有できない勝てば天国負ければ地獄の賞味期限本日限りの「物語」まではテレビ観戦いや外国で本場を体験しても体感できるものじゃない。
オランダのレプリカユニフォーム着てフェイスペインティングして応援してる人に成り代わることは出来ない。

その「物語」を求めて三ツ沢球技場に足を運ぶことはWOWOWに加入してユーロを全試合観戦するよりも実は贅沢なのかもしれない。

「官能」って飽きるのかもね。

ユーロとかW杯はやっぱりたまにでいい。

だけど横浜FCの試合は毎年毎月なきゃイヤだ。

■今日やったこと
・英文解釈教室 60分
倒置の文章が難しい。また頭が疲れる。
・英文メール 60分

■余談
ずっとリスニングやっててなんだけど、

ベッカムって何言ってるか聞き取れない

イギリスの東北にあたるマンチェスター出身で本人自体あんまり言葉を喋れないらしい(まぁ、サッカーできるからそれはどうでもいいんだけど)、とはいえ奴の英語は手ごわすぎる。

8月にレアル来日するからまた注目だ、ベッカムのインタビューに。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月20日

ありがとうセザール!

かつてあった横浜フリューゲルスというチーム。

親会社の撤退によって消滅の憂き目に会うが、その年の天皇杯ではトーナメントを無敗で勝ち続け優勝。

消滅後残されたサポーターたちは横浜FCという新しいチームを立ち上げ、現在に至る。

この消滅までの軌跡はほとんど目で追っているが、「美化されすぎだ」と言い封印している現日本代表GK楢崎のように過去のことは過去として多く語るつもりはない。

しかし、まさしく人としての意地、プライドを見せつけて我々とともに戦ってくれた男の最後には素直にありがとうと言いたい。

1998年W杯のブラジル代表、ゴールを決めて「所属クラブ;横浜フリューゲルス」とテレビ画面に出た。
消滅発表後、他の主力外国人は全て帰国していったが天皇杯まで残って戦った。(街頭署名もしてくれたんだよな)。
しかし、消滅後は向こうのビッグクラブに移籍してトヨタカップで再来日もしたよな。(そもそもレベルが違うんだよキミは)。

そして去年、サンフレッチェ広島の一員として三ツ沢に敵としてやってきたキミは試合後に我々のホーム側にターッと走ってきて、深々とお辞儀をしてくれたよな。

キミみたいなビッグな男が5年たっても忘れなかったケジメ。

プライドを守ること。そして、ジェントルであること。

大事なことを教えてくれてありがとう!

セザール・サンパイオ!
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月18日

『道を失ったら、別の小道を探せ』(ジェフ市原対アルビレックス新潟)

今週はホームの試合は無いわけで、ならばといそいそ国立競技場へ。
行ってきました、そして初めて見ましたオシム市原のサッカー。
相手も申し分ない反町新潟。
要するに知性派対決。両チームともよく走り見ごたえありました。

オシム語録。「道を失ったら別の小道を探せ」

ああ強かったね市原。0コンマ何秒ほんの一瞬の動き出しや判断が相手より速い。
特に左サイドの村井にボールが渡るとトップのFWに加えて中盤の佐藤や羽生や中島が相手よりも速くゴール前に密集する。
最初のDF茶野のミドルシュートの1点も、今までだいだいがゴール前まで丁寧にボールを運んできたから「まさかあそこからは打ってこないだろう。」という一瞬の気の緩みをついた技ありの一撃。
前半2−0で後半の新潟の猛攻を1点で凌ぎ2−1で市原の勝利。
対して、反町新潟もJ2の時の戦力から復帰の寺川と鈴木慎悟を加えた程度の戦力(得点王マルクスが去ったから実質マイナスなんじゃないかと)でよく戦ってるなぁと。
現在J1で2位のチームによくやってますよ。

新潟に山口という好きな選手がいるしなんとなく新潟側に座って観戦してたが思わず市原の2ゴールに手をたたいていた自分。
でも周りの新潟サポってそんなことしても大丈夫ってか。
ジェフサポより圧倒的に多い数がゴール裏に集結していたが、声を出してる人数が1/3のジェフサポに声で負けている時もありなんともホンワカしてる感じに違和感を持った。
あの3戦未勝利に終わった1998年のフランスW杯の日本代表。
その時日本のサポーターのマナーの良さが賞賛された。
あの時の違和感と同じ。そんなこと賞賛されても困るってば。

2−1、健闘したがまぎれもない敗北にも関わらず、試合後生暖かい拍手と声援に見送られる新潟の選手達。

選手達もクールダウン中に客席に手を振るが、その中に1人だけ「う〜ん」という感じで終始考え込むように腕組みをする人物が、、、、。

反町監督、あなた達は今日はブーイングを受けて然るべきだった。
サポーターの教育も含めてまだまだ新潟の地で色々やらなきゃいけない監督にエールを!
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。