2005年08月31日

8月31日京都パープルサンガ戦(三ツ沢球技場)

本日のMVPは


       ∧8∧                          
       ξノノゝ´) 
      /_ /⌒)    
      ( ム/ //
       ||\/ |
      人   .|
      | |    |
      |  |   |
      /  |  /
    /   ┸-'
   <__  _|\\
       ̄| |  〉/  ___
       / 」  ̄ ̄ ̄__
横浜FCのファッショソリーダー 8番吉武ツヨポン
サカーより俺様のコーディネーターとして活躍中
最近ではここぞというときにやってくれる頼もしい子弟。



ですな。
干されていた恨みを晴らすべく、久しぶりに見たらあれだ、
横山2世になれるよ、君は。
君がサイドでボールを持っただけで、何かが起こるワクワクとした予感がする。
後半早めで交代されちゃったのはいいけど、できれば今日みたいに後半の両者疲れまくってグダグダになったときに出した方がいい気がする。
足達采配ってジェフがいなくなって以来交代選手って守備の保守要員しかいないからね、今。


で、今日の試合、後半半ばでカズがドフリーのヘッドを外しちゃったときに嫌な予感がしたけど、
さすが、後できっちり同点ゴールを決めてくれた。

ここで、さんざんメディアで煽られていたカズダンスをカズが踊らなかったことが、この試合負けなかった要因のひとつだと思われ。
ここも、さすが空気読めてる。
いつもなら、せっかく追いついたのにゆる〜いムードが流れているうちにカウンター喰らってジエンド、ってなっていた可能性大。

試合は結局、引き分け。

問題は、もう30試合以上消化したこの時期だとチームの完成度がどの程度出来ているか。
京都とは明らかに組織力に差があった。
京都はポーンポーンポーンとワンタッチで両サイドの星とか中払の前のスペースにボールが渡る。
対する横浜は、せっかく中盤のいい位置でインターセプトでボール奪ってるのに、
その後ボール出すまでに「えっーと、、、」っていう考える間がまだあるもんね。
そのうち相手はもう守備陣形整えちゃってて、もうボール上げられなくなっちゃって一段後ろに下げてセンタリング上げるが容易に跳ね返されるみたいな。
で、これが首位の京都だからこんなに差があるんじゃなくて、いみじくも監督が目標に掲げていた5位以上のチームとは明らかにこれがある。


これが、後半までに埋まるのかなぁ、、、と????

横浜FC1−1 京都パープルサンガ
得点者:三浦知良
posted by Hachimitsu at 22:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[横浜FC]J2第29節 対京都パープルサンガ@三ツ沢
Excerpt: スタッツを見るとシュート数は横浜16に対して京都6。圧倒的に攻めていたように見えますが、京都のいつもどおりの狡猾なゲームコントロールに前半手も足も出ず、後半は拙攻に泣いたゲームでした。 横浜FC 1..
Weblog: ウタカタ ノ ヒビ
Tracked: 2005-09-01 01:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。