2005年03月13日

足達横浜ホーム開幕。モンテディオ山形戦(三ツ沢球技場)

1−1で引き分けでした。
ほっとした一戦。監督が一番ほっとしているかも知れない。
負けなくて良かった。吉武が決めてなかったら、連敗で強風でクソ寒い中、ブーイングが起きていただろう。

とりあえず、「チーム状態が悪いときに、最低限戻るべき形のモデル」のところまでは到達していたと思う。
先週の試合の例えば
・中島のSHはダメ。
・ジェフェルソンのコンディション悪!
・大友とシルビオは頭から見たい。
あたりのポイントを一週間で大修正、、、、あの、2ちゃんねるとか見てませんか?>監督。

「去年のウチのゲーム、ビデオで見直せ!」とかの要望に見事に答えた結果になってるんですが、、、!

それか、信義や城あたりから去年のチーム状況について話を聞いたのか?

守備でサイドでクロスを上げさせても真ん中のトゥイード、山尾で弾き返すとか、中盤でしっかりプレスかけるとか、去年のベースが継続された形は見れた。
(それが、先週は何故すっからかんになっていたのかはまだ良く分からない)

いずれにしても、人の話をオープンに聞き入れる人だと勝手に妄想してみる。



足達横浜絶賛育成中!


あと、箇条書きで感想。
・シルビオはシュート上手い。
 試合前のシュート練習でも枠を捉える確率は群を抜いている。
 ケガしなければかなり点を取るのではないか?楽しみ。
・山形の16番の代わりは大友くんがしっかりやってくれそうだ。
・今季は控えが各ポジションで充実している。
 ジェフを1試合で見切って外すなんてことは去年まではやりたくても他にオプションが無か った。このことは、シーズンを通して大きなプラスになるだろう。

・とにかく、今日は三ツ沢、三ツ沢、三ツ沢、三ツ沢、三ツ沢。三ツ沢。三ツ沢。三ツ沢。
 より一層、三ツ沢の丘で戦えることの誇りが強調された一日だった。
posted by Hachimitsu at 01:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14544870

この記事へのトラックバック

[横浜FC]J2第2節 対モンテディオ山形@三ツ沢
Excerpt: 写真は→コチラ >> 横浜FC 1(0−0)1 山形 14:00キックオフ 三ツ沢公園球技場 入場者数:4,653人 -得点 --横浜 吉武(74分) --山形 原(59分) -警告 --..
Weblog: ウタカタ ノ ヒビ
Tracked: 2005-03-13 12:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。