2004年11月23日

ホーム最終、湘南ベルマーレ戦

前半0−2という絶望的な展開から後半、臼井の連続得点に沸き返り、さらにハッスル・ジョーのロスタイムのヘッドで劇的なというより出来すぎな幕切れで3−2で勝利。

しかも、今までのような執念と根性で押し込んだ得点ではなくて落ち着いたパスをきっちりつないで、きちんとしたラインを保っていた湘南の強固なDFを完全に崩してのきれいな得点が重ねられていく。
気づいたら3連勝。
いつもならば最高の締めくくりとして喜びに満ちてのフィナーレとなるところだが今回はちと違っていた。
試合前にサポーター有志に通達されたマシュー・ブーツが今季限りの退団、終盤に「あれれ、なんでここで出てくるか?」という不可解な交替で出場した真中幹夫の現役引退が重なって試合後のセレモニーでは一遍した雰囲気に。

このときの嬉しさと悲しさが同居した複雑な感情はうまく説明できない。
マシュー自らマイクで「新しい契約は行わないことになった」と説明したときに静まり返る場内。

いい年をした大人たちが、まるで小学校でクラスの人気者が転校していくときのように皆一様に頭を垂れている姿がまたサッカーな雰囲気でいいなぁと思ったけれど。


試合前のマシューの背番号6番を型取ったマスゲームが美しかった。

まだ、リーグ戦も1試合、天皇杯もあるし出来るだけ長くこのメンバーを見ていたい一日だった。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。