2004年11月06日

大宮アルディージャ戦

まず、スタジアム入りしてびっくりした。

バックスタンドのほとんどの客席が埋まっていた。
前回の水戸戦を越える客の入り。
シーズン終盤にさしかかり、はっきりいって消化試合にもかかわらずここまで集客してくれたフロントの営業努力は素晴らしい。成功といえる。

しかも相手は目下9連勝中でJ1昇格間近の大宮。

当然モチベーションも上がる最高の舞台。

GK菅野の出場停止で代わりに今季初出場の柴崎が、DFは怪我のトゥイード、山尾の代わりに河野、早川のコンビ。
他のポジションも微妙に位置が変わり、城も怪我のためにベンチスタート、苦しい台所事情の横浜。

それでも、なかなか健闘し、DFの連携ミスを抜け目無く大宮バレーに突かれた1点のみで前半は凌ぐ。
横浜は大友、臼井の両サイドに渡るとすぐに大宮が人数をかけてつぶしにくるために中々というか全くチャンスがつくれず、シュートまで行かない1歩手前で攻撃が終了してしまう。
初出場の柴崎はキックに難はあるものの3度の決定機を弾き、よくやっていたと思う。

ハーフタイムを利用して、ゴール裏の有志たちいや勇士たちはバックスタンドに拡声器を持参してこの試合の重要性、サポーター一緒に闘うことをアピール(聞こえる位置にいなかったけれどもそういう内容だと思う)。
これが後半効を奏する。

後半に入っても流れは変わらない。「守備は健闘しているが攻撃がダメだ」、このひと言で言えば簡単な問題を今季の横浜は結局解決できなかった。

城、大久保のFW陣が投入されてやっと攻撃にエンジンがかかる。

すると、今までの三ツ沢で体験したことのないような拍手の音が主にバックスタンドから大きくピッチに送り込まれた。
「城 彰二」というコールに合わせた手拍子が。

応援は何もゴール裏にいる人間のみが行うものではない。
バックスタンドやメインに座っている人間でも参加できるものなのだ、ということを体感したことは我々新興のクラブにとって非常に大きなものキッカケになるハズだ。

競技場には当たり前だが、サッカーの試合しか無く、そして試合には勝つか負けるか引き分けしかない。
しかし、たとえ手拍子しかしなくても勝っても負けてもそれ相応の選手たちとの感情の共有ができる。
試合に能動的に関わるということは、選手と同じく勝ちと負けと引き分けとを受け止めるということである。

この能動的に関わることの是非、価値についてはまだこのクラブでは答えが出ていない。

しかし、この日大多数のホーム側の人たちが手拍子をし、作り上げた空間、あの大きな音の威圧感を覚えていて欲しい。

マシューからのパスをゴール左の角度のないところから放った城の惜しいシュート以外に見せ場は無く、試合は0−1のまま終わってしまった。これで3連敗だ。いつもなら選手の大罵倒大会になる。

今日は何も言わず大合唱で送り続ける。
もちろん、敗北はみなで受け止める。

いつもよりも選手サポともに一体感があった。
まだまだ、これからだよ、このチームは。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14544823

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。