2004年07月10日

対サガン鳥栖戦

スポーツ新聞各紙に載ってしまったGK菅野の88メートルゴール

やっぱり三ツ沢劇場である。

ふらっと見に来た人にはホントに面白かっただろうな。

これぞ横浜FC、ハラハラドキドキこれからもよろしく。

ちなみにこのハタチのGK、去年は試合開始1分で退場してます。
これも通常ありえない。その時は控えにGKがおらず、DFが仕方なく替わりで守って惨敗しました。

内容はほぼ何も言うこと無い完勝です。

新加入の真中が効いていて一安心。
結果は3−0なんだが、それ以外にも3回ポストを叩く惜しいシュートがあった。
やはり、狙わなくては点は取れないのだ。

あのユーロのギリシャを思わせるしつこいマンマーク&鋭いカウンターの鳥栖(今年も生き残れよな)にまんまと手こずり前半30分くらいまでは「また引き分け?」と思ったけれどFWの城、真中に集中したマークの裏をかいた内田の中盤からの上がりでパスをそのままもらってゴール!ってゆうのを見て「あぁこの展開が今までできなかったんだ。これが出来る様になれば後半戦はかなり期待できるかも。」と思いました。

4連敗の悪い流れを断ち切る快勝。
ここで、一旦中期間に入るので更に攻撃面を充実させてもらいたいもんです。
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。