2004年06月20日

ありがとうセザール!

かつてあった横浜フリューゲルスというチーム。

親会社の撤退によって消滅の憂き目に会うが、その年の天皇杯ではトーナメントを無敗で勝ち続け優勝。

消滅後残されたサポーターたちは横浜FCという新しいチームを立ち上げ、現在に至る。

この消滅までの軌跡はほとんど目で追っているが、「美化されすぎだ」と言い封印している現日本代表GK楢崎のように過去のことは過去として多く語るつもりはない。

しかし、まさしく人としての意地、プライドを見せつけて我々とともに戦ってくれた男の最後には素直にありがとうと言いたい。

1998年W杯のブラジル代表、ゴールを決めて「所属クラブ;横浜フリューゲルス」とテレビ画面に出た。
消滅発表後、他の主力外国人は全て帰国していったが天皇杯まで残って戦った。(街頭署名もしてくれたんだよな)。
しかし、消滅後は向こうのビッグクラブに移籍してトヨタカップで再来日もしたよな。(そもそもレベルが違うんだよキミは)。

そして去年、サンフレッチェ広島の一員として三ツ沢に敵としてやってきたキミは試合後に我々のホーム側にターッと走ってきて、深々とお辞儀をしてくれたよな。

キミみたいなビッグな男が5年たっても忘れなかったケジメ。

プライドを守ること。そして、ジェントルであること。

大事なことを教えてくれてありがとう!

セザール・サンパイオ!
posted by Hachimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。