2006年05月25日

スティーブン!


◇本人コメント
「家族の健康状況により残念ながらチームを離れることとなりましたが、チームスタッフ、
サポーターの方々のご支援には家族共々心から感謝しております。いつの日か家族が成長し、
状態がよくなる日が来ればコーチとして再び、チームにもどれるような日が来れば幸いです。
これまで皆の応援、本当にありがとうございました」


>コーチとして再び、


この場合のコーチの訳=監督ってことでいいのかな?


オレはそう解釈したよ。


いつかこのチームを率いて下さい。
posted by Hachimitsu at 22:27| Comment(41) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

再会としばしのお別れと

お帰り足達!また微妙な役職作るなぁしかし、そしてまた岩倉、ふたたび少しお別れ。がんばれ。
posted by Hachimitsu at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

family reasons

"The football's going great here in Japan, but I want to return to Scotland for family reasons."


最近2ちゃんを見ない生活というのをしてるので、気づかなかった。

スティーブン、、、これだけ記事が出てると信憑性が高いなぁ。


明日は城たん自費で遠征しようとしようとしたらしい。(結局クラブから出た)

彼は例年以上に本気だ。
posted by Hachimitsu at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

金曜日はスポーツニッポン

スポニチの金曜の城コラム「JO's Talk」。

てっきりW杯ネタだけかと思ったら、ウチの話題も書いている。

しかも、タイムリー。今週は柏戦の話。

最近は昼食はみんなで摂っているらしい。



つか、みんな知ってる話か。
posted by Hachimitsu at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

『完璧』4月8日 柏レイソル戦(三ツ沢球技場)

初4連勝ですか。うん中々だ。

なぜ、こんなに冷静かというとここ2週間多忙で昨日すらほとんど寝れず、
疲れたまま三ツ沢の席でボーっと試合を眺めていたからだ。

あの歓喜の瞬間三ツ沢でもっともテンションの低い人間だったかもしれない。

帰宅後も忙しく、最後に眠りに落ちそうになりながらスーパーサッカーを見て、「あぁ、城のゴールってかっこよかったなぁ」と思った。


以下、こんなにも喜ばしいことなのに、あまりにも冷静すぎるかもしれないレポート。





堅い、とにかく堅すぎる。

まるで、3、4年前の横浜対新潟のような試合。

で、こっちが当時の新潟で、あっちが横浜にあてはまる。

柏がボールを前に運ぼうとしても、出しどころがなくて、サイドでは中島と智吉が侵入を許さない。
中にボールを入れさせない。
早川と北嶋は談笑してたよ、ヒマ過ぎて。いや、そりゃないか。でもそんな感じ。
極めて疑わしい警告で退場になってしまったが、中島は素晴らしい。
相手がすぐ近くまでプレッシャーをかけてきてるのに物凄く冷静だった。

そして、この日の殊勲者アウグスト。

柏の敗因はこの男のスカウティング不足が大きいのだろう。
しかし、ここ2週間で突然フィットした人物を調査するなんてできないか。

柏のプレスはやはり激しくて、すぐに2、3人に囲まれる。

しかし、ここが組織として成長したところなのか、横浜の選手たちはそこをなんとかこらえてキープして中盤でパスをつなぐ。

すると、どこからともなく突然現れるアウグストがフリーでボールを受けて、前線で決定的なスルーパス。

カズのゴールはそうして生まれ、城のゴールは一人抜いてサイドから上げたアウグストのクロスから。


最初「吉武すげぇなぁ」と思ってたら8番は去年の番号。

それくらい寝ぼけていたのだ。




もっとも、この二人以外もとくにヒドい選手は見当たらず、岩倉の上々な復帰も見れた。



カウンターも形になってきている。

10人になってからも、時折点になりそうなカウンターがあった。

これも、ほとんどアウグスト。




オレが見た限り、今までで最高の試合だった。


が、しかし、まだまだ奢らないチャレンジャー精神を感じる。

まだまだ、さらに上の試合を見せてくれる気がする。








そのときは失禁するよわーい(嬉しい顔)








それから、柏サポーターはすごかった。


新潟も仙台も多数で訪れたが、横浜FCになってからビジターのゴール裏を敵チームで完全に埋められたことはあっただろうか?



この日、かれらの声はでかく、ほとんどこちらの声がかき消された。


さすが、10年近くJ1にいたチームだ。


ホームが、三ツ沢が占拠されていく。


マッカーサーがパイプを咥えながらやってきた。


植民地にされたらたまらないぞ。



抵抗するような、われわれの拍手の音がこれほど強く一致した日を知らない。


そういう外部の影を知らしめた、柏サポーターには感謝しなきゃいけないのかもしれない。


横浜FC−柏レイソル
   2−0
得点:三浦知良、城彰二












追記だよ☆
posted by Hachimitsu at 09:47| Comment(1) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

3月21日 モンテディオ山形戦(三ツ沢球技場)

・菅野は神というか山形戦ではさらにパワーアップ。神の上って何ですか?
 久しぶりに納得のMVP。
 9000人位来いってよ。コメントも亀田三兄弟の一番上のあんちゃんみたいでよし。
 

「今日は本当に菅野じゃなかったら負けてた」


・山形相変わらずプレー汚なすぎ。監督変わってもその仕様は変わらず。
・すっかりつまらない選手に成り果てたと思った臼井君、時折見せるクロスの精度はやっぱりいい。油断ならねぇ奴。
・応援、こっちのゴール裏まで聞こえる拡声器の音量はカコワル。
・FK時の財前コールとか蹴る方がうっとうしいようなリズム。
・SEX特集の「anan」コンビニで変わるようにしてやれよin山形。

・カズと城のキープ力はいい感じになってきた。
・横浜往年のサイド攻撃が復活しつつあるけれど、もっと広く深く攻撃できたらいいのにね。
・今日はベテランの負担が割りと少な目。
・後半でカズが退いてフルで出さないのは、カズ入団から最初からこんな感じでいけばっていう理想の形。
・いくらカズはすごいっても39歳。酷使して選手寿命を短くされてもねぇ。


・パスで崩すのはうまいのに、相変わらず自分達のカウンターは下手で、相手のカウンターにはすこぶる弱い。
・カウンター攻撃は昔の広島スタイルを身につけさせてよと、高木新監督に要望。


オレは創設以来もっとも厳しい現場状況にあると思っているけれども、とにかく結果は出した。
次に進むしかない。

横浜FC−モンテディオ山形
  1−0
得点:三浦知良
posted by Hachimitsu at 19:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

漢たちは沈黙した。3月11日(土)サガン鳥栖戦(三ツ沢球技場)

2006年ホーム開幕。



先週の試合に敗戦後、翌日に監督を解雇という事態に対してゴール裏の人たちによる抗議行動として、今日は選手へのコールつまり応援自体がほぼ停止された。加えて、弾幕や旗もほとんど掲載拒否された。

あるのは、鳥栖側の声援。こちらはいくらかの拍手と思わず漏れる声のみ。

昔、レイジアゲインストザマシーンというバンドが、政府の何かの施策に抗議してフェスティバルに4人全員口にテープを貼って登場し、持ち時間ずっと演奏せずに立っていたことがあった。

今回もそれと似ている。自分たちの一番大切にしている武器をあえて懐に仕舞い込む。

苦渋の行為。

そして、オレが脱帽するのは、感情的な怒りからものにも関わらず、ここ数日の一連のサポーターたちの行動がとても冷静で大人の対応をしていたこと(ネットで散見されたものを拾っただけですが)

こういう行動は、「ロック」の衝動に近い反体制的でちょいとカッコイイものとして消費されると意味がなくなってしまう。

今回の件はフロントが子供なんだ。それに対して同じ子供の対応をしなかった。

たくさん補強すれば強くなるだろう。しかし、そうならなかった。
何かが少しおかしいんだろう。開幕戦で天気も上々なのに4000人強しか入らなかった。
こんなはずじゃなかったんだろう?

そんな心に、大人から子供への態度に似た、優しく慈愛を込めた沈黙のメッセージがちゃんと届いただろうか。

いや、届いたはずだ。

後半決勝点が奪えそうであとほんの数センチ、ポストに嫌われたのを明日への宿題であり、希望であると考えたい。

2006.3.11
横浜FC対サガン鳥栖
  0−0
posted by Hachimitsu at 21:10| Comment(0) | TrackBack(3) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

とりあえず今は

Don't believe the hype.
posted by Hachimitsu at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

ええええええええ!!!!!

ガセネタに見えるところが悲しい。

つかネタチームだよ、これじゃあ、、、、、
posted by Hachimitsu at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

近くて遠い敵地へと 2.26 PSM 対マリノス戦(日産スタジアム)

実は家から歩いた方が電車に乗るよりも回り道しないので近い、横浜国際こと日産スタジアムこと横浜国際こと日産スタジアムで開催された、久しぶりの最も憎しむべき相手とのダービーマッチ。

結果は0−4の実力通り。すげえ悔しいが、何も言い訳しない。



いまさらながらだが、何もかも遠すぎて、失点シーンもいまいちガーンというのが来ないんだな。

まるで映画館で映画を後ろのほうの席で見てる、しかも無音声で!という感じ。

やはり、横国では2階の席でまったり見るもんなんだなぁ。


ということで、

われわれにとって横浜国際はもはやアウェイだというのを強く認識するのであった。





とりあえず、ずっと日産スタジアムと名乗ってていいっす。
posted by Hachimitsu at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。